シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全面プリント

生地プリントのあと縫製



Tシャツの総柄プリント、全面プリントの要望は多く、多くのプリント工場は縫製済みの完成品に対してプリントしますがこの方法では縫い目や脇の下などプリントがきれいにできません。
インクのカスレやぼてりが必ず発生します。これをプリントの「味」とお客さんが言ってくれるのはいいのですがプリント工場が言うと苦しい言い訳にも聞こえます。
ADPでは小ロットのオーダーでも低コストでできるようメーカーに大型の製版設備を作ってもらいました。
これによりこれまで約4万円だった超特大版が1万円以下で作れるようになりました。さらに縫製設備を社内に設置することで縫製の内製化を進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする