「バイオプラスチック梱包袋」を採用

SDGs取組事例

「バイオプラスチック梱包袋」を採用

バイオプラスチックとは、再生可能なバイオマス(植物由来)資源を原料に、化学的または生物学的に合成することで得られるプラスチックのことを指します。
それを焼却処分した場合でも、バイオマスのもつカーボンニュートラル性から、大気中のCO2の濃度を上昇させないという特徴があります。これにより、地球温暖化の防止や化石資源への依存度低減にも貢献することが期待されています。

エー・ディー・ピーではSDGsへの取り組みにとして、お客様の商品であるTシャツ等を入れる梱包袋を、再生可能資源である植物由来(バイオマス)樹脂を有効活用したバイオポリプロピレン(PP)袋に替えることで、品質は従来と変わらず

  1. カーボンニュートラルによるCO2の削減
  2. 枯渇資源の保全

に貢献できると考えます。

日本のプラスチック廃棄処理方法は焼却がメインとなるため、水や土の微生物による生分解樹脂よりも、植物性(バイオマス)樹脂のCO2削減効果の方が環境配慮としてはより有効的と考えられています。

種別 対応状況
バイオマス(植物由来)
梱包袋
生分解性プラスチックの梱包袋を使用。廃棄後のCO2削減効果あり。

タイトルとURLをコピーしました